トップページヘ戻る 協会について 中学生チーム 高校生チーム
一般・マスターズチーム 参加方法 フォトギャラリー ブログ
 
 
 
大会行事予定
大会スケジュール(男女・一部二部・マスターズ)
チーム紹介(一般・マスターズ男女)
大会結果(男女・一部二部・マスターズ)
トピックス
平成26年度 東海マスターズハンドボール岐阜大会 結果
(10月18日)
  順 位
  <順位型> 7チーム 男子
  チーム名
優 勝 TAB CLUB
準優勝 GHBP ARES
3 位 HC 群馬サファリ
4 位 西笹川クラブ
  寸 評
  ・男子順位型:
  当地からは蒲郡クラブが参戦しました。裏情報では第1試合で一部メンバーが時間を間違え揃わず敗れ、以降の2試合は僅差だったが1勝を上げることが出来ました。
今大会より得点ハンディキャップ制が導入され戸惑うケースもあり、次大会への課題も残った。

決勝戦には西村和彦さんの所属する神奈川のGHBP ARESが、昨年の岩手花巻開催の全日本マスターズ大会、そして静岡エコパアリーナ開催の東海マスターズの優勝を引っさげ勝ち上がってきた。迎え撃つは昨年エコパで惜敗したトヨタ車体OB中心のTAB CLUB、一進一退の接戦になったが2点差で振り切り昨年の雪辱を果たし優勝を勝ち取った。

  ・男子交流型 13チーム:
  豊橋マスターズがいつもの聞き慣れた「1勝」を合言葉に参戦した。初戦は名南工クラブに32対21で勝利し目標を達成したが、2試合目は岐阜NHC(A)に9対56で敗れた!?
得点ハンディキャップ制の魔法に取り込まれたとか…何とか?

  ・女子交流型 6チーム:
  ハミングバードが参戦したが、MMCMに8対26、フェニーチェに6対21で敗れてしまった。得点からするとやはり得点ハンディキャップ制のトリックに嵌ってしまったのか?
…と言うことは、若いってことだ!胸を張ろう!?